創業明治35年 江口だんご本店 トップ
tel/0258-47-4105 fax/0258-47-4100カートの中
トップページへ商品のご案内 本店のご案内 江口だんごについて
商品のご案内トップ
  ◆季節の商品
 ・ひな祭りセット
 ・入学祝いセット
 ・端午の節句セット
 ・母の日セット
 ・七夕セット
 ・敬老の日セット
 ・クリスマスセット
 ・迎春セット
◆通年の商品
 ・笹団子(笹だんご)
 ・三角ちまき
 ・醤油赤飯(長岡赤飯)
 ・江口饅頭
 ・名入れ薯蕷饅頭
 ・お祝い一升餅
 ・升升半升餅
 ・冷凍生クリーム大福
 ・縄文古代餅
 ・縄文
 ・雪国の夜語り
 ・新潟の郷土セット
 ・江口だんごお試しセット
◆頒布会の商品

◆店頭販売のみの商品
 ・豆大福
 ・むかしぼた餅
お知らせ
   
お買い物方法
特定商取引法の表示
プライバイシーポリシー
カートを見る
会員 My Page
 

 

◆ 一升餅を背負った後は・・・

お子様の晴れの時に背負う一升餅。背負った後はどうしているのでしょうか?多くの場合、この時背負った後の餅は、切り分けて食べるのが良いとされています。家族で食べられない場合は、親族やご近所さんなどにおすそ分けするのが昔からの伝承となっています。日本では、昔からお祝いごとには餅が用いられてきました。このようなお祝いに使用される餅には、日本神話に登場する「天照大神」が宿ると伝えられてきたことが、その理由です。この餅の形を、「天の岩戸」に見立て、その岩戸が開くようにと鏡開きをして食べるのが習わしとなっているのです。一升餅もこれに合わせて、切り分けて食べるのが一般的です。もちろん、その場で食べやすく切り分けても結構ですし、最初から小分けになっているタイプのものを購入して利用するのも良いでしょう。もしも食べきれず余ってしまった場合は、小分けにしてから冷凍保存しても構いません。地域によっては、焼いて食べるのがNGといわれているところもありますので、そういった伝承が心配であればレンジで加熱すれば問題なく食べられると思います。一升餅には、「一生食べ物に不自由しないように」といった願いも込められています。みんなに食べてもらう事は、そんな思いを多くの人から愛情をたっぷりと受けることにもつながりますね。

◆ 一升餅の背負わせ方

一升餅の重さは、約2キロほどの重さになっています。1歳になったばかりの赤ちゃんには、ちょっと重たいこの一升餅、どのような方法で背負わせればよいのでしょうか?古くからの方法では、一升餅は風呂敷などに包んで赤ちゃんの背中に回し、胸のところでたすき掛けにして縛って背負わせるのが一般的でした。現在でもこの方法はまだまだ主流となっており、かわいらしい風呂敷と一升餅をセットにして販売しているところもあります。風呂敷の場合、注意したいのは背負わせ方です。背負う時は結び目が首にかかることがないよう、必ずたすき掛けにするようにしましょう。首にかかるようにしてしまうと、重さで首が絞まってしまうなど、思わぬ事故にもつながりますので注意が必要です。他の方法として人気なのが、リュックサックに入れて背負わせる方法です。ベビー用品を取り扱うショップなどでは、一升餅を背負わせる専用のかわいらしいデザインのリュックサックが販売されています。江口だんごでは記念に残るように名入れのリュックサックを一升餅と一緒に販売しています。リュックサックタイプのものであれば、万が一転んでも首を絞めてしまう心配も少なく安心です。このようなリュックサックは、普段使いも可能ですので、お祝い後も長く使ってあげることができますね。

◆ 一升餅の原料は?

一升餅は、主にもち米を原料として作られています。もち米と一言でいってもさまざまで、その地域やメーカー、販売店によってもお米の品種や種類が異なるものです。一升餅は背負った後には、振る舞ってみんなで食べるのが一般的です。せっかくであれば、おいしいお餅を食べたいものですよね。市販の一升餅を購入する際は、できればこのような原料もチェックして購入したいところです。安全性の高いもち米を利用していることも大切ですが、どんなもち米を原料として使用しているかも確認して選ぶことも大切です。一升餅の販売店によっては、このお餅の原料にまでしっかりとこだわって作っているところも決して少なくはありません。江口だんご本店の一升餅では、「コガネ餅」という、新潟県でも最高級の品質をほこるブランドのもち米100%を原料として使用しています。「コガネ餅」はねばりとコシの強さが特徴的なもち米の王様ともいえる品種で、お餅にしてもお赤飯にしても最適だといわれています。風味のよいもち米「コガネ餅」で作られた江口だんごのお餅は、煮ても焼いてもおいしいと評判です。また、コガネ餅を使用したお餅で小豆を包んだ紅白豆大福は、他店では味わうことのできないおいしさで、多くの方に喜ばれています。お子様の晴れの日、ぜひ原料にもこだわった、おいしい一升餅でお祝いしてはいかがでしょうか?

◆ 全国の一升餅の呼び名

子どもの一歳の誕生日などのお祝いの際に背負ったりするお餅のことを、一般的には「一升餅」と呼びます。これは、お祝いに用いられるお餅の重さが、「一升」であることに由来しています。しかし、全国的にみると、地域によってそれぞれ異なった呼び名があるようです。また、一升餅を用いるという点は同じであっても、必ずしも背負わせるとは限らず、こちらも地域によって違いがあるようです。最も一般的なのは、「一升餅」や「誕生餅」ですが、似たようなものでは「一歳餅」「祝い餅」といった呼び方をする地域もあります。また、東北の一部地域や関東地域なでは、「背負い餅」などと表現することもあり、餅を背負う風習を表しています。背負わせてわざと転ばせる方法が用いられる地域などでは、「ころばせ餅」や「ぶっころがし餅」、「力餅」「尻餅」という呼び名がある地域もあります。また、背負うのではなく抱かせてお祝いをする地域もあり、「抱かせ餅」などと呼ばれているようですよ。一方、餅を背負うのではなく「踏ませる」風習がある地域もあります。こういった風習のある地域での呼び名は、「たったら餅」「飛翔の儀」「立ち餅」「餅踏み」や「踏み餅」などと表現する事が一般的となっています。この場合、一升餅は背負うのではなく、餅を大地に見立ててその上に立たせることで、しっかりと地に足をつけるという祈りを込めることが多いようです。

◆ 一升分の重さは何キロ?

1歳のお祝いの際に、背負ったり踏ませたりするために用いられる一升餅。この、一升餅という名前は、お餅の重さである「一升」に由来するものです。一升というのは、現在では使われることがほとんどなくなった、日本古来の重さの単位です。このことをなんとなく知っていても、実際にはどれくらいの重さなのかよくわからないという方がほとんどではないでしょうか?あまりにも重たいと、うちの子は背負えないかも・・と心配になる方もいらっしゃるでしょうね。一升の重さは1.5kgだといわれています。お米1合が150gで、一升はその10倍に当たります。ただし、一升餅の重さは、これよりももう少し重く、1.8キロ〜2.0キロほどになります。一升餅は、この一升分のもち米をふかしてついたものになりますので、お米をふかす際の水分も加わります。その分、少しだけ重くなるというわけですね。2キロ近くもある一升餅。1歳を迎えたばかりの赤ちゃんには重くて当然でしょう。地域によって、背負ったり踏んだり、抱えたりと、お祝いの仕方は異なりますが、重くて持ち上げることができなくても、全く問題はありません。一部の地域では、あえて重たい一升餅を背負わせることで、早く親元から離れてしまうのを防ぐ意味も込めているとも言われています。すこやかなお子様の成長を祈り、愛情込めてお祝いしてあげたいものですね。

◆ 一升餅とは?

1歳のお誕生日を迎えた子どもに、一升の餅を背負わせたり踏ませたりするお祝いの儀式を行う地域があります。この一升餅とは一体、どのようなものなのでしょうか?一升餅には、無事に1歳の誕生日を迎えられたお祝いと、赤ちゃんのすこやかな成長を祈る思いが込められています。また、一升餅の「一升」と「一生」をかけて、「一生食べるものに困りませんように」との思いも込められているのです。一升餅の形状は一般的に丸い形のものが使われていますが、これにもちゃんと意味が込められています。丸いお餅は、「一生丸く長生きできますように」との願いが込められているのです。古くから丸いお餅には、「円満」「丸く収める」というような意味合いがあり、お祝いごとで広く用いられる形状でもありますね。一升餅の儀式には、さまざまなものがあり、地域によって伝承が異なります。また、一部地域では一升餅の風習がなく、そういったお祝い事があることを知らないという方もいらっしゃいます。最もポピュラーなお祝いの仕方は、一升餅を背負わせる方法です。1歳を迎えたばかりの赤ちゃんにとって、一升餅は重く、立てなかったり転んで泣いてしまうこともあるでしょう。しかし、尻餅をついて泣いてしまったとしても、決して縁起が悪いというわけではありません。地域によってはむしろ、転んだ方が良いとされる地域もあるほどです。お祝いのやり方は地域によってさまざまですが、お子様のすこやかな成長を祈る思いは一緒です。晴れの日に一升餅でお祝いをして、皆で成長を喜ぶというのはとても素敵な風習ではないでしょうか?



 

 

 


 

 




 


 
 

 



 

 


Master,VISAカードで、クレジット決済ができるようになりました。

楽天IDで決済楽天会員IDで簡単決済!楽天スーパーポイントが貯まる!使える!
  
お電話・FAXでのご注文
電話ご注文 0120-27-4105
午前9時〜午後6時30分
ファックスのご注文はこちらから
FAX注文用紙はこちらから↑
印刷してください、

包装・のしについて
包装
配送用の商品は、丁寧にお包みし、ご希望によりお中元・お歳暮・御祝・御礼・内祝などの「のし」をお掛けします。
(笹だんご・冷凍長岡赤飯・四万十栗おこわはパッケージの都合上包装できません。)

>>包装のご案内

縁起の良い一升餅でお子様の一切のお誕生日をお祝いしませんか?

 
商品のご案内本店のご案内江口だんごについてプライバシーポリシーお買い物方法初めての方へ・サイトマップ

新潟県名物笹団子と餅菓子の江口だんご
本店 :〒940-2043 新潟県長岡市宮本東方町52-1 TEL/0258-47-4105 FAX/0258-47-4100 Eメール

Copyright 2005 EGUCHI DANGO All rights reserved.